So-net無料ブログ作成
検索選択
こちらに引っ越しました。 エンジェルサポートマット

妊婦が腰痛になりやすい理由とは!?3つの原因はこれ!! [腰痛の原因]


エンジェルサポートマットレス腰痛予防&解消効果!


このページでは妊娠中に起こりやすい腰痛の原因についてご紹介します。

妊娠中に発症してしまった腰痛が原因で、その後の生活にまで影響が出てしまう危険性も十分に考えられます。
当サイトではエンジェルサポートマットをおすすめしておりますが、まずは「何故妊婦に腰痛が起こりやすいのか?」 を理解しておくことで腰痛発症への危険性を減らすことも可能かと思われます。

以下で紹介している妊娠中の腰痛原因をお読みになり、妊娠中の知識の1つとして参考にして頂けたらと思います。


妊婦さんが腰痛になりやすい原因とは?


妊婦の腰痛原因
妊娠中特有の腰痛、この原因を大きく分けると以下の3種類に分類できます。

1.体型の変化による背筋への負担


妊娠中、お腹が大きくなってきますと、前方が重くなりますので自然と体のバランスをとる事が増えます。
例えば、重いものなどを持つ背筋を使って力みますよね? それが常に行われる状態が続くようになります。

これによって背筋に負担がかかり、背中が張ることで背中の痛みや、腰痛が起こってしまいます。そして、人によってはこの痛みを避ける行動が悪循環してしまい、首、肩、足などにまで影響を受け、出産を迎えている大切な時期に非常に辛い状態になってしまう事もあります。

2.精神的な不安による体の強張り


すでに出産を経験している方でもそうなのですが、初めて出産を経験される方は特に不安を感じるはずです。不安が原因で体が緊張し硬くなり、身体全体が強張ります。そして、身体を支える大事な部分「腰」「首」などに負担が集中します。

3.出産ホルモンが原因で骨盤が緩む


妊娠時の出産ホルモンが原因となり、骨盤が緩む事で腰痛が起こります。
妊娠してから3ヶ月ほど過ぎると、女性特有のホルモンである「リラキシン」と呼ばれる卵巣ホルモンが分泌されます。
このリラキシンホルモンは、出産を迎える前に関節や靭帯を緩めたりする為のもので、赤ちゃんがスムーズにお母さんの骨盤を通るために起こる 自然な母体の変化です。
しかしながら、これが原因で普段なれない筋肉を使う事が多くなり、腰への負担も増えてしまいます。出産する為には必要になるリラキシンホルモンですが、今までの生活と比べてみますと身体全体、特に腰への負担は大きなものとなってしまいます。


以上、3つの妊娠時の腰痛の原因をご紹介させて頂きましたが、これだけの変化、危険性がありますと腰痛を発症してしまう可能性は非常に高いものとなってしまいます。

これから大切な出産を迎えているのに、腰痛を持ち毎日が辛くなってしまうのはとても悲しい事です。
是非、紹介した原因を意識して頂き、無理の無い妊娠せいかつを送っていただきたいと思います。

通販ページはこちらから!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。